信用取引とは何か

信用取引とは、証券会社の顧客を信用することによって、預けたお金以上に取引ができることを言います。手持ちの資金以上の取引ができるので、少ない資金でより大きな利益を獲得できることがあります。この取引をするには証券会社に担保として保証金を預ける必要があります。そして、保証金の約三倍まで取引をすることができます。例えば、100万円の保証金を預ければ、300万円分の取引ができます。これをレバレッジ効果と言います。また、株価が高くて手に届かなかった銘柄でも、少ない元手で投資にチャレンジすることもできます。

この取引方法では空売りもできるようになります。通常の取引では上昇相場の時に安く売って高く売戻しをして利益を出しますが、空売りは全くの逆で、高く売って安く売り戻すことで利益を出します。つまり、下落相場の時でも利益を出せる可能性があるので、投資チャンスが通常の二倍に増えるのです。ただし、この取引方法はメリットばかりでなくデメリットもあります。一つは取引手数料のほかに、利息などの費用が掛かることで、もう一つは取引をして含み損が出た時に、追加で保証金が必要になることです。

ちなみに、信用取引には裏技があります。買い注文と売り注文を同時に出すことによって取引手数料と信用取引の利息だけで株主優待の権利を得ることができます。買い注文と売り注文を同時に出しているので、株価の動きがあっても損をすることがありません。

信用取引の際の注意点

委託保証金として預けた金額の約3倍まで、証券会社からお金を借りて投資できるというのが、信用取引の最大の魅力といえるのですが、まず、リターンが3倍になるということは、リスクも3倍になることに注意しなければなりません。
そして、例えば買っていた株価が急激に下がり、預けていた資金では足りなくなるような時には追証(おいしょう)が発生します。最低保証金維持率を下回ったら、保証金を追加で入金しなくてはならないのです。追加が無理な場合は、証券会社が自動的に決済していまうので、注意が必要です。
また、常にお金や株を借りているということを忘れてはいけません。毎日金利や貸株料が発生しているからです。「信用金利」は、信用買いの際にお金を借りるため、取引の約定金額に対して発生するものです。証券会社によって異なりますが、例えば、制度信用で年利2.80%、一般信用(無期限)で年利3.09%などとなっているので、確認しておいたほうが良いでしょう。また、信用売りの際には、証券会社から株を借りるための費用として、「信用取引貸株料」が発生します。これも証券会社によって異なりますが、例えば、制度信用で年利1.15%、一般信用(無期限)で2.00%などといった具合です。
また、お金を借りている以上返さなければならないので、その期限が決まっています。全証券会社共通であるのは、制度信用の場合の決済期限が6ヶ月ということです。一般信用については、証券会社によって異なりますが、無期限のものが主流です。
以上のような信用取引のルールに注意して、しっかりリスク管理しながら運用することが大切です。